So-net無料ブログ作成

大病院は紹介状がないと別料金が必要 [コミュニティ]

    大病院は紹介状がないと別料金が必要

ベッド数が200床以上の病院を「紹介なし」で受診する人からは、追加料金を取ることができる

ようになるそうです。厚生労省によると、「紹介なし」の初診については、全国の200床以上の病院

の半数弱にあたる約1200病院が平均で約2400円すでに徴収しており、急患を除きすでにこの制度

は始まっていると言っていいでしょう。

  医療機関の分担   病院01.jpg

病気やケガの際、どの医療機関にかかるかは、基本的に患者自身が自由に選べます。

でも、軽症患者が大病院に集中したら、高度な医療を必要とする重症患者の診療に影響が出かね

ません。患者の待ち時間は長くなりがちだし、医師の負担も増します。そこで、ベッド数が200床

以上の病院を「紹介なし」で受診する人からは、追加料金を取ることができるようにするんですね。

  地域医療の徹底    病院02.jpg

一方大病院が、軽症患者や専門的な治療を終えた患者を、診療所などに「逆紹介」することもあり

ますので大小の病院がバランス良く患者を受け入れるわけですね。

症状が軽い人はまず、地域の診療所などのかかりつけ医者を受診する。必要があれば専門的な医療

に対応できる大きな病院を紹介してもらう」という具合に、医療機関の役割に分担ができます。

  5000円は大きい   病院03.jpg

外来の「紹介なし」患者の割合は、200床以上の病院ではまだ6~8割を占めているそうです。この

ためとりあえず、500床以上で地域医療の中心となるような病院や、大学病院のように高度な医療

を提供する病院については、新年度から「紹介なし」の初診では5000円以上の追加料金の徴収を

原則義務化されそうです。「大病院志向」の人もより信頼できるかかりつけ医者を日頃から用意

しておくことが大切になりそうです。




スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク






nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:地域

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。