So-net無料ブログ作成

アニメ「おそ松さん」が人気沸騰 [アニメ]

   アニメ「おそ松さん」が人気沸騰

     1.jpeg

「おそ松さん」は、2015年10月よりテレビ東京系列で放映されているテレビアニメです。

1962年から「週刊少年サンデー」で連載が始まり、2度アニメ化された「おそ松くん」の

大人版として制作されてりるので「おそ松さん」に変わったんですね。27年ぶりの放映に

嬉しい限りですが「さん」に変わったのはちょっとだけ違和感があります。


   個性的なキャラクターは健在

原作は故赤塚不二夫さんで、故人得意の典型的なギャグマンガです。主人公は当時10歳の

六つ子の小学生達、脇役にあの「シェー」で有名なイヤミやおでん好きのチビ太、デカパン

ダヨーンといった個性豊かなキャラクターが揃っています。

「おそ松さん」は20代前半の定職にも就かないニートの様な生活を送っており、此の辺り

は「天才バカボン」と設定がよく似ています。赤塚さん生誕80年を期に制作されいるわけ

ですが、大人としてのシーンも盛り多くさんですし赤塚ギャグ・パロディも健在です。


   [ひらめき][むかっ(怒り)][パンチ] 進化しているアニメ [犬][猫][リゾート]  

六つ子たちはおでん屋になったチビ太からはツケで飲み食いをし、イヤミの紹介する怪しい

職を転々としたり、トト子のアイドルになりたいという夢を後押ししたりと、ドタバタを繰

り広げています。原作やアニメ前2作では6人全員がほとんど同じ性格で外見も区別がなかった

ですが、本作ではそれぞれに性格や表情・髪型も微妙に変えることで差別化が図られ個性を

出しています。兄弟間でもお互いの呼び方などで微妙な人間関係が描かれ現代風にアレンジ

されています。


    日本はアニメ大国輸出している

アニメは各テレビ局間で垣根なく放映されており、あのNHKがBSで探偵コナンを放映し

たり、ドラえもんは朝日放送のイメージが強いですが、最初は日本テレビで放映されていた

そうです。日本は大変なアニメ国家で海外でもその国にアレンジされて、多数放映されてい

ます。「おそ松さん」を機会にこれからもアニメを色々な角度から楽しめたらいいですね。


 登場キャラクター08.jpeg05.png  06.jpeg

六つ子(松野 おそ松、カラ松、 チョロ松、一松、十四松、トド松)左から長男~六男

弱井 トト子、イヤミ、チビ太、ダヨーン、デカパン、ハタ坊

    [晴れ][曇り][雨]  穏やかな一時をお過ごしください  [新幹線][バス][車(セダン)]

          https://www.youtube.com/embed/tN24WW3H2bI

画像引用 https://www.google.co.jp




スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。