So-net無料ブログ作成

キャノンカメラ、東芝メディカル買収 [経済]

03.jpeg02.jpeg

キャノンカメラ、東芝メディカル買収

キャノンは3月171日東芝メディカルを6655億円で買収したと発表しました。キヤノンといえばカメラ

メーカーですが、70年以上前から医療機器を手がけ、今もX線デジタル撮影装置や眼底カメラを販売し

ていたらしいですね。もともと光学・精密技術は医療機器との親和性が高く、古くからカメラメーカー

各社が参入し存在感を示していました。内視鏡を手がけるオリンパスやX線画像診断システムなどを手が

けるコニカミノルタ、富士フイルムなどが代表的です。

医療事業の主役は遺伝子    01.png

医療事業のメーンターゲットは遺伝子。2016年をめどに、遺伝子診断用試薬の販売開始を目指し、その後、

診断装置の製品化を始めたいとの事ですがこの時に、東芝メディカルが生かされそうです。まず試薬を

製品化した狙いについて、医療事業を統括するキヤノンバイオメディカル社は「ようやく世に出始めた

分野で、まだ遺伝子をどう使うか模索している段階。顧客のニーズを聞きながら、じっくり装置の事業化

を進める」と説明されています

新たなる流れの出現  04.jpeg

これから伸びる思われる遺伝子分野は、材料など光学以外の領域も組み合わせられ市場が開拓される

と大変な新規事業に発展しそうですね。成長事業として東芝メディカルとキヤノンバイオメディカル社

の技術が合体し、新たな商品が開発され、雇用が生まれる流れは社会全体の発展にもつながり、買収とゆ

う負のイメージを払拭します。

新規事業は時間がかかる 05.jpeg

キャノンの新規事業には苦い歴史があり、パソコン・表面電界ディスプレー(SED)テレビ・光磁気

ディスク―はどれも赤字に陥り撤退を余儀なくされました。これらの事業撤退を断行しているので、遺

伝子市場拡大への期待もありますが、従来の新規事業の立ち上げで指摘されていたスピード不足も、積極的

なM&A(合併・買収)で補い、人材や仕組みなど地盤をしっかりと作りたい意向のようです。




スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。