So-net無料ブログ作成

セミセルフレジ、スーパーのレジが変わる [コミュニティ]

    03.jpeg  

 セミセルフレジ、スーパーのレジが変わる 

スーパーのレジ決済は従業員が商品スキャンから金銭授受までをこなすスタイルが主流ですが、最近

商品スキャンと金銭授受を分け顧客自身が決済する〝セミセルフレジ〟の導入が始まりました。スー

パーではこれまで顧客自身がスキャンから決済までやるフルセルフ型の導入が進んできましたが、顧客

でスキャンすることは難しく、かえって従業員の手がかかってしまうとゆう問題がありました。


 セミセルフは人手不足対策 images.jpeg

人手不足が深刻化するなか、スピードアップ可能な新たなセミセルフ型の登場でレジスタイルが変わる

可能性も浮上してきています。セミ型レジは商品スキャン部と会計機がセパレートになっており、商品

のバーコードを探したり、商品袋に印刷されていない生鮮食品などはモニターで商品を探さなければなら

ないなどの商品スキャンは従業員が行い、会計機による決済は顧客自身で行うものです。支払いは顧客が

専用レジで各自が行うため、これを監視するレジモニターは1人しか必要でなく、レジで金銭のやり取り

が無い分時間の節約になるんですね。


 06.jpeg  レジのスピードアップ   

すでにマルエツが10店で実験を始めたほか、いなげやが計6店、イオンも3店で実験を始めたそうです。

いなげやはそれまであったフル型からの全面的に切り替えるという力の入れようだし、地方の中堅・中小

のスーパーも導入するところが出てきました。セミセルフ型は商品スキャンに習熟した従業員がスキャン

をするため「1・3~1・4倍スピードが上がる」(各社)。つまり従来比でレジ時間が半減近く短縮さ

れるため「今後、導入店は増えるだろう」とみられます。


 レジスタイルはお好みで  067.jpeg

ただセミセルフ型もフルセルフ型も一長一短があり、イオンではフルセルフ型を約230店に導入してい

ますが、買い上げ点数が少ない場合はフルセルフ型のほうが早いとみています。また高齢者はこれまで通

り従業員がすべてやってほしいと思う人も少なくないという指摘もあります。状況に応じてセミセルフ型

フルセルフ型か、従来方式か、顧客が自分にあったレジスタイルを選択できるようになり、レジの風景が

確実に変ることになりそうですね。




スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。