So-net無料ブログ作成

消費税引き上げは延期は諸刃の剣 [消費税]


  03.jpeg 01.jpeg     

          消費税引き上げ延期は諸刃の剣

安倍晋三首相は2017年4月に予定する消費税率10%への引き上げについて、先送りも含む検討に

入ったみたいですね。きっかけは消費増税の判断材料の一つとして世界経済について検討する

”国際金融経済分析会合”を設けたことです。初会合で講師役のコロンビア大学教授スティグりツ氏

が中国経済の低迷などで世界経済の”大低迷”を理由に増税の延期を主張しました。


      衆参同日選の可能あり       07.jpeg

増税による景気後退のリスクが高い場合には先送りをしなければいけまさせんし、消費税率を上げても、

税収が上がらなくなるようでは元も子もありません。増税できる経済環境が整わない可能性もあると

判断したためらしいですね。そうなる2014年11月にも引き上げを1年半延期しており、その是非を問う

衆院解散し総選挙をしたわけですから、今回も首相が先送りを最終判断した場合は衆院を解散し、今夏

の参院選と合わせた衆参同日選に踏み切るとの見方もでています。

     05.jpeg       聞こえはいいが矛盾あり   

増税を延期すれば増税後に予想される消費の落ち込みも先送りできます。日本銀行によると増税を実施

した場合は国内総生産(GDP)成長率がマイナスになると発表していますので、延期論が検討される

のは当然のことでしょう。ただアベノミクスは経済成長と財政再建の両立目指す政策で、2017年月に

増税を実施すると訴えて来たわけですから、この点については矛盾しますけどね。

   アベノミクスは失敗か          06.jpeg

それに税収増をあてにしていた待機児童を出さない子育て対策や、本来の消費性設立の目的であった介護

などの社会保障の財源が確保できなくなります。また1000兆円越す借金の返済計画の財政健全化もほぼ

絶望的になり、日本国債の世界的なランク格付けも格下げになり、世界信用も落ちて様々な影響が出そ

うです。アベノミクスは事実上の失敗になりかねませんので、消費増税先送りは簡単ではありません。




スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。