So-net無料ブログ作成

真田丸、長沢まさみさんは戦国時代のヤンキー [大河ドラマ]

  images.jpeg  images (1).jpeg

真田丸、長沢まさみさんは戦国時代のヤンキー

大河ドラマ真田丸で真田信繁をはじめ戦国武将が生き残りを図ろうとしのぎを削りますが、その

武将たちに負けじと存在感を発揮している女性陣。中でも信繁の幼なじみ・きり役を務める

長澤まさみさんの演技は異彩を放っています。信繁に恋心を抱きながらも減らず口をたたき、

自分勝手な行動で信繁の足を引っ張ることもあります。その大げさなが演技が「きりがウザい」

という声も聴かれ主人公の真田信繁よりも目立つ時もあります。

  images (3).jpeg  番組の設定どうりの演技

番組のなかでの設定は戦国時代のヤンキー、信繁のことが好きだけど本人を前にすると正反対の

態度をとってしまい卒直に感情を表現できない不器用な女性の設定です。そもそも、きりは

ウザい役なんですからウザい役をちゃんとウザくやる設定にはあっているわけです。人気女優

さんになると、やっぱり自分でブレーキかけて、いい人に見せようとしたりしますが、台本を

書いた三谷幸喜さんや演出家の狙いをちゃんとくんで、その役に徹しているわけですね。

  現代風のセリフに根拠あり  images (4).jpeg

真田信繁は大阪冬の陣で突然歴史の舞台に現れた人物ですから、不明な点が多く特に女性関係

は名前さえも不明な人物がいます。長澤まさみの設定と演技は製作者たちの意図したものです

から、本人のせいではありません。セリフが現代風だという“批判”もありますが、三谷氏が

脚本を書く際に、あえて時代劇風の語尾にせず、意識的に現代風にしているせいなのです。

何故か、時代劇風のセリフは現代に作られたものとゆう根拠の元、当時話されていた証拠は一切

ないという事からです。

  images (5).jpeg   長澤まさみさんしだいの展開

信繁は4人の女性と結婚したという資料が残っているため、今後、初婚の梅と同じ側室のきり

以外の2人の女性も登場してくると思われます。ただ当分、梅、きりを交えた信繁との三角

関係は長澤まさみさんの演技しだいで、こてこてになってきますので、今後に期待したいと

思います。今以上にウザくやってくれると面白いのですが。

氏名 采女(うめね)別名きり(真田家家臣・高梨内記の娘)




スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。