So-net無料ブログ作成

大河ドラマ真田信繁は無名な武将 [大河ドラマ]

01.jpeg                                images (1).jpeg

大河ドラマ真田信繁は無名な武将

父・真田昌幸の元で知略を磨く

真田家の家督を継いだ父・真田昌幸は能力を発揮し、上田合戦にて2度に渡り、何倍もの徳川の大軍を

撃退することに成功し、その智略は全国に轟いていました。もちろん、真田信繁(真田幸村)や兄・

真田信之も活躍し、真田家臣の死に物狂いの尽力もあった事でしょうが、総指揮官の真田昌幸の成果

として知れ渡る事となります。そんな父・真田昌幸の長男でもなく次男であった真田幸村の名が、世

の中に知れ渡る可能性はもともと低かったのです。

   真田信繁は無名な武将       images.jpeg

結果的に、逆の捉え方をすると、真田信之と真田信繁はただ父の命に従っただけで、何もしていない

と言う見方もできます。実際、大阪の冬の陣が発生せず、真田丸を築いて徳川勢相手に活躍する事が

無ければ、真田信繁の名は単なる真田昌幸の次男で生涯を終えたことでしょう。大阪冬の陣が始まる

まで、真田信繁は実績はないと言っても過言ではない武将であったため、真田が大阪城に入ったと聞

いた徳川家康も真田昌幸は既に亡くなっていると知ると、開戦前は心配していなかった。45歳のとき

に父・真田昌幸が亡くなると、それまで九度山にて従っていた真田家臣も多くは上田に帰ってます。

          images (3).jpeg     大阪冬の陣時だけ活躍

要するに、真田丸で活躍し、その名が知られたのは、既に体力も落ち、歯も抜けて出家した、50歳近く

のいい年である真田信繁に、思いがけず一矢報いる機会が与えられた訳で、そういう意味では、淀殿や

豊臣秀頼に感謝しなくてはならず、人生、何があるかは本当にわかりません。尚兄・信行は関ヶ原の戦

いで徳川側についたので上田城をもらい受けています。真田信繁が歴史の舞台に登場するのは、この

瞬間だけで、真田十勇士などの高名は江戸時代の物語文からである事を考えると、その生涯はけっこう

地味なのかもしれません。


   真田幸村の本名は信繁です       images (2).jpeg

真田幸村の本名は信繁で、彼の生存中は信繁の名前しか使っておらず、幸村は江戸時代になってから彼

の物語文の中で初めて使われています。おそらく真田家に散々な目にあわされた徳川家は、彼の物語文

が出ると聞いて幸村に無理やり変更させたのでしょう。しかも信繁とゆう名が武田信玄の弟から由来し

ており、徳川家康は武田信玄との”見方が原の戦い”で、負け戦で死にかけていますので、余計だった

のでしょう

 




スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク








スポンサーリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:テレビ

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。