So-net無料ブログ作成

ライトセーバーはジェダイの証 [映画]

  cover[1].jpg

デススターを破壊し一躍ヒーローになり、フォースにもなんとなく目覚めて
来た感じがするルークですが、エピソードⅤの冒頭ではジェダイの騎士とし
ては、未熟な感じが漂っています。

   厄介な武器ライトセーバー

その証拠に、氷の惑星に住む野獣にとらえられてしまうのですが、落ちてし
まったライトセーバーを中々引き寄せる事ができずフォースを操れていない
のが見て取れます。

これは、エピソードⅡの冒頭で、ルークの父親であるアナキン・スカイ
ウォーカーがカーチェイスでライトセーバーを飛ばされてしまい、オビ・ワン
がキャッチし説教されるというシーンと対比できるのですが、エピソードⅤも
Ⅱも主人公のピンチの後に必ずオビ・ワンが出てくるあたりが、ルーカス監督
のオビ・ワンへの思い入れを表しています。

  imagesCA2EWN5U.jpg

ちなみに、ルーカス監督が手掛けた「インディ・ジョーンズ」にも「クラブ
オビ・ワン」が出てくるあたりに愛着の深さが見えます。

オビ・ワンの登場でジェダイマスターであるヨーダの存在が明らかになり、
ヨーダのもとで修業を積むうちにエピソードⅣではブラスターの方が使用頻度
が高かったルークも、Ⅴになるとライトセーバーを使う頻度が高くなってくる
あたりは、徐々にジェダイの騎士として成長していく姿に重なります。

  大人のジェダイの騎士

修業中はブラスターを手放さなかったルークもラストシーンのダースベイダー
との決闘でライトセーバーのみで戦う姿は、ルークがジェダイの騎士として
確立した瞬間と言えます。

   photo  http://www.yahoo.co.jp/

         https://www.google.co.jp/


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:映画

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。