So-net無料ブログ作成
社会記事 ブログトップ

”ちょい飲み”外食産業が参入 [社会記事]

      images (4).jpeg   images (3).jpeg

   ”ちょい飲み”外食産業が参入

ファストフードなど外食チェーンの店舗内で、夕方から酒とつまみを販売する「ちょい飲み」サービスが

広がっています。去年は牛丼チェーンの吉野家やフレッシュネスバーガーが“ちょい飲み”に乗り出しま

したが、その後も外食業界の“ちょい飲み”への参戦は止まりません。

日本ケンタッキー・フライド・チキン(KFC)が、東京でビールやワインなどを楽しめる新業態店舗を

4月1日にオープンするほか、コーヒーチェーン大手、スターバックスコーヒージャパンも東京に食事や

酒などを提供する店舗を3月30日に開店する予定です。


        夜の売り上げを見込む           images (1).jpeg

日本KFCが展開する新業態は、昼間は通常のメニューに加え、こだわりのコーヒーやスイーツなどを

提供し、午後5時からはアルコールが楽しめます。国内外から取りそろえた地ビールやワインのほか、

サントリー酒類と共同開発したハイボール「カーネルハイ」など約40種類のアルコール類を用意。得意と

する鶏肉を使った料理やサラダなど酒に合うメニューも取りそろえています。ファストフードは夜の来店客

数が日中と比べて少なくなるだけに、日本KFCとしては「客数や売り上げの増加が見込める」と期待を寄

せています。

           images (2).jpeg外食市場は飽和状態 

一方、酒の提供に静観の構えを見せる外食チェーンもあります。日本日本マクドナルドホールディングスは

「アルコールの提供は子供も来店する店舗のイメージにそぐわない」というのが理由だそうです。

外食産業の市場規模は1997年のピーク時から縮小傾向。今やどの店舗もいかに売り上げの減少を食い止

めるかが課題になっていますが、都心部では出店を増やすのも限界に近づいています。こうした中、従来の

店舗で“ちょい飲み”を始めることで、ピークの時間以外でもお酒目当ての客が訪れたり、居酒屋は入りに

くいという女性客を狙えるなど、新たな客層を発掘できるというのです。

    新たなる需要の開拓          images.jpeg

では何故こういった業態は顧客に受け入られるのでしょうか。低価格でお酒が楽しめるとあって、サラリー

マンを中心に人気は高いですが、「ちょっと1杯飲むくらいだと、居酒屋とか焼き鳥屋とか行くより楽なので」

といった理由がありそうです。いわゆるちゃんと飲むのでなく”ちょい飲み”の需要がもともとあるのですね。

景気の先行き不透明感は強まっているだけに、ちょい飲み市場は今後、さらに拡大しそうです。

 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

光回線の勧誘 NTTだと思った [社会記事]

  光回線の勧誘 NTTだと思った

NTTの代理店を名乗り「新サービスです」と電話がかかってきたので、てっきり長年契約している

NTTからの新サービスの案内だと思って話を聞きました。「利用料が安くなるなら」と思い、代理

店の担当者に電話で言われるまま話を聞いていましたが、「何で家が光回線に加入していることを

知っているのか」不思議に思い細かく質問してみると、NTTとは関係ない通信事業者であることが

わかりました。

    光回線を他社でも使える       光回線01.jpeg

NTT以外と契約するつもりはないの断りましたが、危ないところでした。これは光コラボレーション

と言って、2015年からフレッツ光の回線を他社も使えるようになり多くの企業が光回線に参入出来るよ

うになったらしいのです。有名なところではケータイキャリアの「ドコモ光」と「ソフトバンク光」また

「OCN光」や「BIGLOBE光」「NURO」(SONYの子会社So-netが提供)などのプロバイダー

業者も参入しています。

     光コラボでのメリットは      光回線03.jpeg

フレッツ光から工事なしで切り替えられる、フレッツ光より安くなるという2点で、フレッツ光を使い

続けるのであればノーリスクでお得に出来る方法となります。ただ割引額が500円とか少額であまり

お得感は無いような気がしますし、ややっこしい電話勧誘の仕方もあまり気分のいいもでは」ありませ

ん。特に頭にNTTがつく代理店はややっこしいですね。

     通信会社名の確認を          光回線02.jpeg

光コラボレーション事業者はNTTからの光卸になるわけですが、光卸の契約は電気通信サービスであり

特定商取引法の適用がないため、契約後の解約は、特定商取引法上のクーリング・オフは難しそうでよ。

現在の契約内容と十分比較したほうがよさそうですね。スマホとのセット割りも始まったみたいですので

電話だけの勧誘で即契約だけは注意したいものです。

[牡羊座][牡牛座][双子座] ヒーリング安らぎの一時(音楽と映像をお楽しみください)[犬][音楽][猫]

https://www.youtube.com/embed/to4ttLqwysA


週刊文春 国会議員を辞職に追い込む [社会記事]

  週刊文春、国会議員を辞職に追い込む

自民党の宮崎謙介衆院議員(京都3区)は2月12日午前、女性タレントとの不倫が報じられた問題を受けて

国会内で記者会見しました。「私の不適切な行為により、多くの皆様に多大な迷惑をかけたと不倫の事実を認

めて謝罪し、議員を辞職すると表明しました。

 記者から逃げ惑う  文春辞職02.jpg 文春辞職01.jpg

週刊文春2月10日号では「育休国会議員の“ゲス不倫”撮った」との見出しで記事を掲載。記事によると、

宮崎氏は1月30日京都市内の自宅マンションに、昨年冬に知り合ったという女性タレントを招き入れていた。

2月5日午前には妻で同党の金子恵美衆院議員(新潟4区)が切迫流産の危機を乗り越えて長男を出産。

宮崎氏は妻が出産で苦しんでいる時、京都で浮気をしていたことになりますね。

直接文春の記者にインタビューされて、逃げ惑う姿もテレビで報道され、どうしようもなくなったみたいです。

 ハニートラップの仕掛け  文春辞職04.jpg
 

それにしても週刊文春は恐ろしいほどスクープを連発しますね。これに関して元衆議院議員でタレントの

東国原英夫さんが2月5日のテレビでベッキーと「ゲスの極み乙女」の川谷絵音の不倫騒動や、甘利明前経済

再生担当相の金銭授受問題など、スクープを連発している週刊文春の驚きの取材手法を明かしていました。

東国原英夫さんが宮崎県知事を務めていた当時のことを振り返り「ハニートラップってあるじゃないですか。

あれをやられていたんです」と告白。続けて「普通だったら(仕掛け人の)女性を雇ってやるんじゃないですか。

でも文春は違う。記者がやるんです。女性の契約記者が当事者になってやってくる」と、明かしました。

 みんな気を付けよう

週刊文春の仕掛ける驚きの取材手法に「根性がある、他社とは姿勢が違う。敵ながらあっぱれ」と、苦笑いし

ながら賞賛。最後は坂上忍さんら他の共演者に「みんな気をつけたほうがいい」と警鐘を鳴らしていました。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

週刊文春のスクープ独り勝ち [社会記事]

  週刊文春のスクープ独り勝ち

今や泣く子も黙る週刊文春、独自スクープが止まりません。さぞかし有名人の方々にとっては怖い存在

でしょうね。何年前だったか相撲賭博をすっぱ抜き、2年前にはあの清原容疑者の覚せい剤疑惑が報道

されたのは記憶に新しいところです。最近では甘利明大臣賄賂疑惑・ゲス&ベッキー不倫報道など毎号

のようにスクープを連発しています。

それでは週刊文春だけがどうしてスクープできるのでしょうか?それは3点ほど考えられそうです。

 贅沢な取材費  [晴れ][小雨][台風][雷][雪][雨][曇り]   週刊文春02.jpeg

まず取材力です。反響の大きそうなネタの場合、5~10人ほどのチームを組み、時間をかけ入念に取材を

進めるかたちをとるそうです。出版不況でどこの出版社も厳しい経営環境を強いられるなか、発行元で

ある文藝春秋は、老舗月刊誌『文藝春秋』などの安定的な収益源を持ち、経営も安定しており、贅沢な

取材ができる経済的事情も背景にありそうです。


 圧倒的なたれ込み数  [耳][手(パー)][手(チョキ)][手(グー)][TV]     週刊文春03.jpeg

文春には毎日のように内部リーク、いわゆる「たれ込み」情報があるそうです。豊富な資金力によって

他誌に比べて情報提供に対する返礼が割高なため情報が集まりやすいことが考えられます。

そして発行部数の多い週刊文春にたれ込みしたほうが、世間一般に対する影響が大きくなりまよね。


 記者クラブ未加盟   [カメラ][ふくろ][カチンコ][バースデー][リボン][本]  週刊文春01.jpeg

週刊文春の最大の強みは、なんといっても日本記者クラブに加盟していないことにあります。
 
今回の甘利明大臣賄賂疑惑の実名告発スクープ記事は新聞社系週刊誌、週刊朝日やサンデー毎日には

掲載されることは不可能だったでしょう。政治家の悪口を書くと取材拒否されてしまうので新聞社系

の記者は書きたくてもできないでしょう

一般週刊誌で10年以上発行部数トップを独走している週刊文春、一部の人には気の毒ですが当分

世間をにぎわせることでしょう


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
社会記事 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。